綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

加州清光単騎出陣2017

ミュージカル刀剣乱舞の加州清光のソロ公演に行ってきた。一曲一曲の感想ではなく、全体の感想のみ述べたいと思う。

 

(ここから暫く前置き)

 

刀剣乱舞はゲームリリース時に知っていたものの、PCを所持していなかったのでポケットから始めた。もともとゲームが苦手だったため、案の定1ヶ月足らずでログインしなくなってしまった。しかし昨年秋に始まった刀剣乱舞のアニメを観て彼らの日常に触れて、またゲームをスタートしようと思い始めた。順調にレベルを上げ、新たな刀剣男士を迎え、戦場に向かっていく日々だった。ところが旅行先の箱根でiPhoneを落とし、バキバキに割ってしまい…。引き継ぎやPC連携なんてしていなかったわたしの本丸は消えてしまった。もう二度とこんなことにはならないよう今はPCと連携させている。

 

ゲーム、アニメと楽しむ中ミュージカルの存在を知ることとなった。しかも、わたしが推している沖田組がいる幕末天狼傳。せめてライビュでも、そう思ったがその日は夜から仕事の予定が入っていた為断念。真剣乱舞祭も休めない曜日ときたため、円盤を待つことになる。

 

3月に幕末天狼傳の円盤がリリースされ、友人と鑑賞することになった。初めて刀ミュを観て想像以上の深さに驚愕した。自分の中に投げかけてくるものがあった。観終わったら終わりではない作品だと感じた。自分が何を感じたか、考えて己なりの答えを出して初めて完結するものだと思った。恐らく、付喪神である刀剣男士だからこそ、此処まで深く投げかけてくるのではないだろうか。人でもない、モノでもない存在だから訴えることができることがあるのではないだろうか。

この刀ミュで始めて2.5次元のミュージカルを観ることとなった。普段の戦士の時とは違う彼らの表情や歌、ダンスはとても魅力的だった。音楽が大好きなわたしは「こんなに楽しい音楽あったんだ!」と嬉しくなった。生で観たいと強く感じた公演は初めてだった。

3月に幕を上げた「三百年の子守唄」で初めて会場で観劇することができた。

 

そして今年の夏、トライアルから出演している加州清光のソロ公演が発表となった。今回はその記念すべき加州清光の公演の感想を残したいと思う。

 

 

セットリスト

1.解けない魔法(Jazz ver.)

2.mistake

3.kiss for all the world

4.美しい悲劇

5.サヨナラ

6.見つめてくれるなら

7.Additional Times

8.show me the world

9.Love story

10.Dear you

11.漢道

12.刀剣乱舞(加州ソロver.)

13.勝利の旗

14.爪と牙

15.戦うモノの鎮魂歌

16.キミの詩

 

EN

1.情熱のSymphonia

2.解けない魔法

 

会場のライトが消されてから音楽が流れるあの一瞬で息が詰まるような感覚を覚える。これから始まるものが一体どんなものなのか。緊張、期待、ドキドキ、わくわく。感情という感情がミックスされ、一瞬にも関わらず、すぐに消化しきれない。

幕が上がり、中央に座る加州を囲むようにダンサーがいる。その様は「絶対王者」という言葉が相応しいようにも思えた。指先までしなやかで、綺麗だった。細部まで完璧を求めるようだった。初めての試みであるソロ公演にかける想いがここからも感じられたように思う。

 

序盤であっという間に魅せられてしまった。加州のイメージ、彼の持つ世界を壊さず新しい要素も加わっていて、あまりの魅せ方の上手さに震えてしまった。

 

表舞台に立つ職種の方々は恐らく「人々を楽しませたい」「みんなに元気や勇気を与えたい」などのプラス要素も持って仕事をしてくれているのだと思う。
加州を演じる、加州として立つと同時に「どうやって主たちを喜ばせようか考えてる」と言う彼の想いを強く感じ取ることができたのではないだろうか。沢山考えて、主たちのことを思っていてくれたのだなというのを非常に感じた。わたしは何も返すことが出来ないのにこんなに貰ってもいいのだろうかと思ってしまったくらいだ。そのくらい、彼の気持ちはとても強く、あたたかく、笑顔にしてくれるものだった。

彼が積み上げてきた、仲間である刀剣男士とともに、演出家、スタッフの方々、そして主たちと共につくり生きてきた「加州清光」を全て余すことなく魅せてくれた。彼は此処までくるのにどれだけ努力してくれたのだろう、そう思ったらその時間(言い換えれば命)は本当に有難くて、何にも代え難くてこんなにも「与えてくれる人」が此処にも居たのだと気付いて終盤から涙が止まらなかった。

見返りなく与えてくれる人はなかなかいないと思う。それが間違っていることとも言えないとわたしは思う。損得感情の関係性がダメだと言えるだろうか。死ぬまで誰かと関わり続けながらわたしたちは生きていく。その中で見返りを求めない、損得感情なしの関係性を持ち続けるのは難しい。出来る人もいるだろう、だがわたしはそこまで器用には生きれない。

大人になって不思議なことは生きれば生きるほど、削ぎ落とされていくということだ。よりシンプルな、ありのままの自分で居られるという不思議。これが「洗練されていく」ということなのかもしれない。知らず知らずのうちにリリースしている。大事なものだけを自然と選択しているのだ。

そうやって生きている中、彼のように「ただ与えてくれる人」と出会うとまた何かが削ぎ落とされて、クリアな自分でいれる時間が訪れる。

「与える」という行為はわたしたちが考えているよりももっと、純粋なことなのかもしれない。不純物が混入されていない状態を指すのだろう。そしてそれは、こうやって人々の心に訴えかけるものがあるのだと思う。純粋だからこそ、より。

こんなにも素敵な人がいて、わたしは生かされて、それがどれだけ幸せなことか。それが自分の力になる。また頑張ろうと思える。言葉を介さずとも、伝わること、受け取れることがあるのだと改めて感じた時間だった。

例えば10年後、このサイクルは別対象と作られるかもしれない。でも、この日のわたしは、上記のことを感じたわたしはミュージカル刀剣乱舞の加州清光がくれたもの。

 

佐藤流司くん本当にお疲れ様でした。

ダンサーの皆さん、スタッフさん、関係者の皆さん、刀剣男士たち、そしてたくさんの主さんたち。

本当にどうもありがとうございます。また一つ得たものを心に、わたしは生きていく。