綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

そこにはパターンがあるだけ

昨日、また職場で「人生について考えすぎだと思うよ」と言われた。でも今までこれで生きてきたので。今更変われないと思います(し、変わろうという気持ちはない。今の自分が好きだから)と言ったら「まだ若いから変われるよ〜」と言われた。

 

若さって何ですか。

 

わたしは単に25年生きてきた訳ではない。わたし自身を25年間生きてきたし、わたし自身をやってきた。そこに若さとか関係あるのだろうか。自分を25年やってきた、そう考えると若い(もしくは短い)と思うのだろうか。思う人もいるかもしれない。でもわたしは25年って凄いなと単純に思う。自分が嫌いだった時期はとても長かったし、何度死のうと思ったか分からない。でもわたしはわたしを諦めずに生きてきた。この25年間はとても濃いものだった。それは間違いない。

 

考えすぎることは悪いことではないと思う。そもそも捉え方に疑問を感じる。わたしのように「考えすぎる人」は、ただのパターンの一つでしかない。データやサンプル言ってもいい。

 

わたしというパターンがここにはある。

 

あなたというパターンがそこにはある。

 

たったそれだけのこと。

 

それ以上でも、それ以下でもない。

 

人に何か言われても「わたしはこういうパターンの人間なんです」で済むことだ。みんな違う人間だもの、当たり前。そこに優劣をつける必要なんて本来はないはずなのだ。