綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

続けていくことはさ、戦うことなんだよ

先日の「誰もがプロ」の続きのようなもの。

 

わたしはタイトルの言葉が好きだ。

 

続けていくこと、

仕事、人間関係、趣味などなど様々なことに当てはまるだろう。

 

では「自分」はどうだろう?

 

この言葉は自分自身にも当てはまる。

今日まで誰でもない自分自身を続けてきた。明日もわたしはわたしを生きるだろう。そして、あなたもあなたを生きるだろう。

 

あなたはあなたを続けてきた。そうやって生きてきた。あなたはあなたを続ける中でどれ程のことと戦ってきただろうか。ときに涙を流し、ときに誰かに悩みを打ち明けながらも、最後まで戦ってきた筈だ。誰でもない「あなた」を。

 

もう周りの人たちと比較するのは辞めにしないか?

だって無意味だから。あなたはあなたを戦ってきたのに、誰でもない自分自身と生きてきた筈なのに、まだ他人に左右されるのか。もういいじゃないか。あなたはもう十分に「凄い人」。周りのみんなが特別に見える、それは気の所為だ。気付いてないだけ。あなたは本当は凄い人なんだってこと。あなただって特別な人なんだってこと。

 

あなただって誇り高き人。