綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

誰しもがプロ

「自信」って何だろう。

 

「自分に自信がない」「自信が持てない」そう感じている人は少なくないだろう。寧ろ多いかもしれない。わたしもそうだった。大学を出たわけでもないし、一般企業に勤めたこともない。専門職で、資格もない。容姿も美人でも可愛い部類に入るわけでもない。痩せているわけでも、メイクが上手なわけでもない。身長だって低い。おまけに声も低めだ。特にこの声なんかコンプレックスだった時期がある。挙げたらきりがないくらい、自分の嫌なところがありふれていて自信なんて全くもってない。そうやって24年間生きてきた。「わたしなんか」言葉にしなくても心の中で何度も思ってきた。

でもある日「まだ若いから」という言葉を掛けられた時、違和感を覚えた。何度も掛けられた言葉に感じた違和感。それは今までに感じたことのないものだった。

 

「若い?わたしがわたしを24年も生きているのに若いの?24年なのに?」

 

人は数字にばかり左右されすぎだ。わたしはわたしを24年間生きてきた。本当の意味で向き合ってきたのは1年そこそこかもしれない。でもわたしは24年間生きてきたのだ。初めての受験も、部活で顧問の先生と言い合いになったときも、夏期講習や冬季講習が辛くて1日だけサボっちゃったときも、失恋して号泣したときも、家族を失ったときも。どんなときだってわたしはわたしを生きてきた。死にたくなったときだって、わたしはわたしを生きてきた。1日足りとも放棄することなく、生き続けてきたのだ。

 

それに気が付いたとき「ああ、わたしはわたしを生き続けてきたことが、わたしであり続けた日々が何よりも自信になる」そう思った。ずっとずっと自分を続けたことが何よりも自信になると気付いたのだ。何が出来なくとも、わたしはわたしをやってこれた。これだけで十分じゃないかと、そう思ったのだ。24年間わたしを生き続けてきたわたしは謂わば、わたしの「プロ」なのだと気が付いた。この仕事に就いてまだ8年なのに、わたし歴25年(今は25歳)プロ中のプロじゃないかと。50年越えたら「師匠」かなあ、なんて能天気なことも考えている。

 

誰しもが自分自身のプロ。

誰もあなたにはなれないし、誰も本当の意味であなたを理解することは出来ない。あなたを知り得ることは出来ない。それが出来るのはあなたしかいない。だからあなたはあなたのプロ。

 

もう人の評価なんていいじゃないか。あなたがあなたを続けてきたことが何よりの自信にはならないだろうか。わたしは嫌なことがあったとき、辛いとき「それでもわたしはわたしを続けてきた。それが何よりの誇りだ」そう思っている。

 

特別な人なんていない、本当は。ひとりひとりが凄い人でひとりひとりが誇れる人。

 

わたしが一番知ってほしいこと。一番伝えたいこと。