上半期の終わりが近づいております。

今年もあと1カ月で半分が終わりますね。今回は2017年上半期のホロスコープ、そしてフォーチュンサイクルの見直しをしつつ、手帳に書いている内容をご紹介しようと思います。雑誌やウェブコラムに記載されているものを書き写したものなのですが、たまに読み返し2017年の流れを確認しているのです。

 

まずはホロスコープから。Twitterでも少しお話したことがありますが、2016年は「解体」の年であり、2017年は「ゼロから1を引き上げる」年。これは昨年末のフィガロにとじ込み付録として記載されていた石井ゆかりさんのホロスコープ。ちなみに発売中のフィガロで2017年下半期のホロスコープも読めますよ。こちらもとじ込み付録です。抜粋してご紹介します。

 

 

【2016年は柔軟宮に星が集まり「物事が変容していく」雰囲気に満ちていました。

季節の変わり目には、それまでの季節が「解体」していきますが、それにも似て、

「ずっと続くだろう」と思われた体制やシステムが

奇妙な形にばらばらと分解していく風景を目の当たりにした気がします。

イギリスのEU離脱や、日本では今上陛下の「お気持ち」が発信されるなど、

象徴的な出来事とたくさん起こった年でした。

(中略)

そうした「解体」の時間から、2016年秋以降、新しい時間へのシフトが始まりました。新しい時間とは、いわば「起動」の時間です。

柔軟宮が「季節の変わり目」なら、2017年上半期に星が集まる活動宮の世界は「季節の始まり」を担っています。

季節の始まりは非常にフレッシュで、

ゼロから物事が立ち上がっていくような初々しい勢いに満ちています。

2016年秋までが「解体」の時間なら、

2017年上半期は、解体されて更地になった場所に、

新たな建物の最初の柱を立てるようなタイミングと言えるでしょう。

 

思うに、物事を「ゼロから1」にするには、「1から10」にするのとは、

少し違った力が必要になるのではないでしょうか。

たとえば、知らない同士が知り合いなることは、

すでに知っている相手ともっと親しくなるよりも、

はるかに勇気の要ることです。

「最初に声をかける」ことが怖いばかりに、ずっと長い間1人でいる、

という人も少なくないのです。

おそらく、ゼロの状態から最初の一歩を踏み出すには、

すでにある均衡状態やルールをまるで無視して、一気に目に見えない壁を打ち破っていく、

ある種の無鉄砲な「破壊力・突破力」が必要になるのだと思います。】

 

 

久しぶりにこれを読んで、思えばわたし個人の中にも「解体」があったなと思いました。簡単に言えば人間関係です。2016年に入ってから、そして秋に自分がこの世に生まれたミッションは何かをやっと、10年以上考えてやっと見つけられてから(今は本当にこれなのかと迷い、悩んでいる期間に入っていますが)25歳を迎えて、これからどう自分の人生と向き合っていこうかと考えた時、周りとの関係性を整理しようと思ったんですよね。そこがわたし自身における「解体」だったのだと思いました。人間関係や、自分を紐解く「解体」があって、2017年に入って小さなことではありますが「立ち上がり」を意識してトライしていることもあります。

 

ウェブコラムでは2017年についてこのように書いているのもありました。こちらも抜粋して。

 

 

【フォーチュンサイクルで見ると、2017年に思い切ってチャレンジできない人は、そこから9年間はチャレンジの機会を逃してしまうとか。そのためにも、2017年のうちに何かひとつでも目標を掲げて挑戦することが必要。チャレンジできた人ほど"可能性"がテーマとなる2018年を実りあるものへと変えていける。実現できるかわからないあいまいな目標ではなく、1年間で叶えられそうなハードルを設定することがコツ。

リセットにも最適な年なので、やり直したいことや後悔していることがあれば、ゼロから再チャレンジするのもオススメ。】

 

 

今までホロスコープやフォーチュンサイクルは読んで終わりでしたが、意識するようになってからはどこかいつもと違う気がしています。こうやってたまに読み返して、確認して、感じて。信じる信じないかというよりも、気付きや振り返りとツールとして扱うようになりました。振り返りをすると「そうだったかも」「思えばあれはそういうことだったのか」と発見があって面白いです。

 

 

今回はもう一つ月のパワーについても少しお話したいと思います。明日は新月ですね。新月の日は思いを宣言する日。「私は」を主語に完結系、例えば「私は100万円貯めました」という具合に手書きで2〜10個紙に書く「アファメーション」をぜひやってみてください。わたしは1月からこのアファメーションをしています。月1回、月によっては稀ですが月2回、このアファメーションをするようになってから特別意識しなくても少しずつできるようになっています。月1回の再確認ができるというのも大きな利点でしょうが、少しずつ目標クリアに近付いているのを感じます。月のパワーは侮れないなと本当に感じています。特に月は女性との関係が深いものです。明日から如何ですか?

 

また機会があったらこのような記事書いてみたいと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。