綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

小説「消滅世界」

両親の性行為によって生まれた主人公雨音。彼女の世界ではセックスは「昔」のもので、消滅しつつあるものだ。夫婦間のセックスは近親相姦とされ、人工授精で妊娠、出産が当たり前となった。結婚して「家族」にはなってもお互い恋人がいた。恋人は画面の向こうの相手、もしくはヒトだ。それがこの世界の「正常」
しかし、「家族」という概念も実験都市千葉県ではなくなっていた。「楽園(エデン)システム」と呼ばれる世界では、子供は全人類の子供として育てられ、大人たちは皆「子供ちゃん」の「おかあさん」となった。家族なんてものはない。子供ちゃんとおかあさんしかいない世界。

 

平成あやふやラジオというLINE LIVEで聴ける番組で紹介されていて気になったので読んでみた。読み始めたら止まらなくて、1日で読み終わってしまった。

読み終わって抱いた感情は「恐怖」だった。III章からの展開には吐き気がした。恐らく、ありえない世界とは言い切れないと思ったからだろう。こうなってもおかしくないと、何故かそう思えて仕方がない。

子供は、命は神秘なのだろうか。愛する男女が性行為をして、誕生した命は素晴らしいものだと綺麗だと言い切れるのだろうか、そう思わされた。人工授精で妊娠できるならそれで良いじゃないかとわたしも常々思う。性行為が1つの愛の形とはどうしても思えないからだ。ただの本能、と言われたら「そうなのね」で返せるが、自分が親の性行為で生まれたのだと思うと正直ぞっとする。親が幼い頃DVで離婚していることもあるので、本当にわたしは2人が望んだ命だったのだろうかと疑問に感じることもあった。捻くれているのは分かっている。でもわたしはセックスに対してこういう思いしかないので人工授精には賛成だ。ついでに言えば、愛するもの同士でなくても、より良い種を求めてパートナーを探したり、結婚するこの世界もいいと思う。好きで超えられるものばかりではないから、生活や収入、この先の未来を考えて合理的にする結婚もありだと思う。もう、こうなったら何でもありだ!本人たちが納得していれば好き同士で結婚しようが、条件だけをみて結婚しようが、何でもありだ。

「家族」なのに、恋人がいるというのはとても面白いなと思った今この世界に生きるわたしたちにとって、作中世界こそ「異常」と言えるので違和感は大きかったが。2次元が恋人というのもわたしは好きだ。2次元は裏切らないから一方通行のようでそうではない、そう感じさせてしまう部分があるのではないだろうか。

問題のⅢ章だが、越してきて初めて行った公園でのシーンでまず吐き気がした。「子供ちゃん」と呼ぶ「おかあさん」にも、その「子供ちゃん」に愛情のシャワーを浴びせる「おかあさん」にも。何の違和感も、疑問も持たず「おかあさん」と呼ぶ「子供ちゃん」にも。楽園(エデン)システムに吐き気がした。余りにも異様すぎる。この千葉の実験都市では男性も人工子宮を付けて妊娠ができる。成功例はなかったが、雨音の夫である朔が成功させる。出産シーンの描写にまた吐き気がした非常に生々しかった。そして朔は楽園システムに染まっていく。何が正常で異常なのかわからなくなった雨音は笑い声とともに狂っていった。


ラジオではどの年代までが楽しめるのか気になるとおっしゃっていたが、わたしは結婚していて子供が欲しい人、結婚していて子供がいる人、結婚していて子供は作らなくていいと思っている人、それぞれの感想も気になった。

 

感想を書くことはとても難しい。必死に書き始めて2時間近くも経っているのにこれくらいしか書けていない。世界からセックスも家族も消えたら、貴方はどう思うか。そんなの嫌だと思う人にも、消えてしまっても構わないと思う人にもぜひ一度は読んでほしい。ヒトとして生きるか、人として生きるか、どちらが良い選択と言えるのだろうか。

 

f:id:trsfthplstr:20170421220352j:image

広告を非表示にする