綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

映画「彼らが本気で編むときは、」

この映画の製作が決まったとき、キャストが発表されたときからずっと楽しみにしてきた。公開日に観るつもりが仕事の目処がつかず、今日になってしまったのが悔しいが感想を。

 

全体を通して感じのはこれは彼らの「日常」ということだ。リンコさんとマキオとトモの日々。くすっと笑えるところが何箇所もあって、重苦しさは感じられなかった。勿論、受け止めるべきシーンもある。だが、わたしたちが生活するように彼らも生活を営んでいてそこに「特別」なんてものはなかった。

 

以前より性に関して目を向けられるようになったのは事実だが、それを受け入れたり理解することはまだ難しい社会も観せていたと思う。大きな枠組みの話だけではなく、この作品に関して言えば身内や学校、トモの同級生のお母さんのこと。作品に限らず言えば会社、交友関係なども挙げられる。理解してくれる人もいるがそうでない人もいる。スクリーンが鏡のように思えた。このスクリーンが今の社会を観せ、わたしたちに投げかけている、そう思った。

 

ここでカミングアウトというのも何だか変なものだが、わたしもセクシャルマイノリティーの1人だ。わたしはバイセクシャルで、カミングアウトしてる人は少ない。知っているのは姉と妹、ごく僅かな友人と昔一緒に働いた年上の方々だけ。母には未だに言えていない。母にこそ言うべきなのかもしれないが少し関係が複雑なこともあり未だに、といったところだ。自分にとってそれは「普通のこと」でも「普通ではない」そう考える人もいるから安易には言えない「性別なんてどっちでも良いじゃないか、そんなの後付けだ!」とわたしは考えている。しかしそれを関わりのある人全員が受け入れてくれるとは考えていないし、受け入れて欲しいとも思わない。ただ、その違いを「わたしとは違う、だからこそ魅力的」そう思ってくれる人がいたら良いなとは思う。高望みであることは分かっているが、わたしたちは一人一人違う。造形や考えだけではなく、生き方や性に関しても。人と違うポイントは沢山ありますが、それをその人の魅力だと捉えてくれる人がいれば良いな願う。

 

リンコさんのお母さんがトモと初めて会った、食事をしたシーンで言った言葉に涙が出てきてしまった。お母さんってなんて強い存在なのだろうと、改めて感じたのだ。娘として育ててきたお母さんの強い思いを感じた。そんなお母さんに育てられたリンコさんだからこそ、最後トモのお母さんにああ言ったのだと思う。

 

家族にも様々なカタチがある、というところもこの作品の注目すべきポイントだと思っている。トモとトモのお母さん、リンコさんとリンコさんのお母さん、カイとカイのお母さん。そして本当の家族ではないがリンコさん、マキオ、トモの3人。様々なカタチがあるからこそ、自分の思いを言えたり言えなかったりするのだと思う。わたしもそういう環境にいる1人だからか観ながらスッと入ってくる感覚があった。

 

リンコさんは人として素敵な人だった。女性としてのあたたかさもあり、優しさに溢れ、マキオが惹かれたのもとてもよくわかった。

 

個人的にあの終わり方がある意味スッキリしていてとても良かった。他の方はどう感じたのか気になるところではある。最後、其々が感じたのは相手への愛だったのではないかとわたしは思う。リンコさんとマキオの最後はとても印象的だった。

 

ずっとずっと楽しみにしていた作品だったので観ることができて非常に嬉しかった。これが誰かの何かのきっかけになればと思う。 

f:id:trsfthplstr:20170302173018j:image