綴れば綴る程に遠くて

主に思考記録です。

映画「ラ・ラ・ランド」

昨年劇場で予告を初めて観た時、それこそ「恋に落ちた」作品だった。ラ・ラ・ランド遂に公開。

 

Twitterにも書いたが、夢を追う人々の苦悩や挫折、喜び、強い思いや情熱が詰まっていた。わたしも夢追い人の1人なので共感してしまうシーンや一度はそう思ったことがある、そんなシーンもあった。少し記録したいと思う。

 

セブが自分の弾きたい、好きなジャズのスタイルではなく、バンド加入により新たな形のジャズを発信していく。ミアがそんな彼に対して「貴方は大人になった」と言った。この台詞は何とも言えない気持ちになった。自分の理想を、スタイルを貫くのは安易ではない。夢を捨てた訳ではないが、シフトチェンジしたとも取れるバンド加入。セブにも色々な葛藤があっただろう。それを思うとミアの発言に何故かわたしもぐさりとやられてしまった。

今度は代わってセブからミアへの言葉だ。「諦める理由は?」たくさん傷付いた、もう2度と傷付きたくない。彼女の思いも痛い程分かる。夢を追うことは苦しい。良いことばかりじゃない、むしろ苦しいことの連続で一喜一憂してしまうし、自分に自信をなくしてしまうこともある。そんな彼女の思いを聞いてもセブは諦めさせようとはしない。「絶対に受けるべきだ」と言い翌日迎えにきてオーディションに付き添ってくれる。セブが来てくれなければ、こんなにも強く言ってくれなければミアはきっと行かなかっただろう。そう思うとちょっぴり羨ましくなった。

 

夢って何歳まで追っても良いものなのだろうか。諦めの線引きは一体どこなのだろうか。わたしはいつまでこの夢を諦めずに追ってもいいのだろう、そんな気持ちになった。例えば10代に描いていた夢と、社会人になって新たに描いた夢。環境も己の価値観もガラリと変わり、夢に夢を見ているあの頃とは違う自分。そこについてくるものは不安や、周囲への思い(親を安心させたい気持ちはあるけどetc)など、決して明るいものだけではないはずだ。だからこそ揺らぐのだろう。

 

「夢」を追う2人は徐々に「夢」によってすれ違って行く。

 

上記に書いたオーディションにミアは無事合格し稽古3ヶ月、撮影4ヶ月というスケジュールでパリに行くことになった。オーディション直後のシーンで「これからのわたしたち」について話すシーンがある。そこでセブは自分はこの街にずっといる、そう宣言した。そしてミアの背中を再度押してくれたのだ。チャンスがあるなら、夢に近付けるなら。叶えたいという彼女の思いや情熱を隣で見て、時には感じてきたセブだからこそ言えた言葉なのだと思う。「そのために頑張ってきたんだろう?」そんな思いも彼の言葉に含まれていたのではないだろうか。互いにずっと愛していると言い、舞台は5年後へ。

 

5年後、ミアは女優として成功した。そしてセブも自分の店を持つことができた。

 

ここからだった。ミアには夫と子ども、彼女自身の家族が出来ていたのだ。心の中で「嘘でしょ?!」と思ってしまった。もしかしてこれは、とラストの予想をしてしまったのだが、案の定で当たってしまった。

 

子どもをシッターに任せ、夫と出掛けるミア。渋滞に引っかかり食事に行くことにした2人は高速を下りる。食事の後、車に乗ろうとしたとき1軒のお店から聴こえてくるジャズ。2人でそのお店に入ることに。そこで見たのはミアが考えたセブのお店の看板、そのものだった。前方の席に座る夫婦。演奏後、メンバー紹介をするセブ。そして2人の目が合った。言葉はない。なんと言えばいいものなのか、動揺があらわれていたように感じた。ここから演奏はセブに移る。ここから一緒になることを選んだ、もう1つの2人の物語が流れた。非常にテンポ良く、ロマンチックかつ幻想的。幸せそのものが溢れ出るものだった。

 

わたしはセブがピアノに触れた瞬間から涙が止まらなかった。もう1つの2人の物語は美しく、そしてきっと一度はお互い描いた「夢」なのではないか、そう思ったからだ。しかし2人はそれぞれの「夢」を選択し、月日を重ねてきた。共にいることを選べば叶うことのなかった夢。共にいることが出来たら現実となったであろうもう1つの物語であり2人の「夢」そう思いながらこのシーンは観た。2人は言葉を交わすことなく映画は終わってしまう。エンドロールで更に涙は溢れ、劇場が明るくなっても止まらなかった。友人と交わす言葉も少なかった。2人とも自分の内側からくる感情に素直に従い涙を流していた。

 

予想以上の作品だった。ミュージカル作品だけれども、歌ばかりではなくドラマもきちんとあり、そのバランスが非常に上手く取れていたと思う。「大事な人と見てほしい」と何処かに書いてあったが、わたしもそう思う。それは恋人、家族、友人。共に夢を追う仲間でも構わない。是非とも劇場の大きなスクリーンで観てほしい。普段はパンフレットは購入しないが、劇場を出て真っ直ぐ売店に向かった。何度も観たくなる作品。わたしにも夢がある。そんなわたしの背中を押してくれた作品でもある。初日に観ることができ本当に嬉しく思う。また劇場に、ラ・ラ・ランドの世界にお邪魔したいと思った。

f:id:trsfthplstr:20170224212908j:image