読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説「消滅世界」※若干のネタバレ含みます

両親の性行為によって生まれた主人公雨音。彼女の世界ではセックスは「昔」のもので、消滅しつつあるものだ。夫婦間のセックスは近親相姦とされ、人工授精で妊娠、出産が当たり前となった。結婚して「家族」にはなってもお互い恋人がいた。恋人は画面の向こ…

1歳2ヶ月の姪から学んだ25歳

2週連続で姪に会ってきました。最近手をパチパチさせて、いただきますとごちそうさまが出来るようになりました。「ご飯作ってくれたママにありがとうは?」と言うと一礼をします。なんて可愛いのでしょう…!そんな姪を見てて思いました。 本来は誰しもが、そ…

生きながら、少しずつ死んでゆくわたしという存在

命あるものはいずれ死ぬ。物はいずれ壊れる。今日一日を生き、明日を迎えたとき、今日という日は切り離されて死ぬ。今日を生きて、わたしはまた一日死に近づく。 絶対的な死。変えられないもの。わたしたちのおわり。 死を意識したのは今に始まったことでは…

女子をこじらせて

女子という年齢ではないが、もうそこは気にしないことにする。 姉から個人宛で妊娠したと連絡が入った。驚き「え?!?!?」と返したら「嘘じゃないよ。でも市販の検査薬でやっただけだから月曜日病院に行って診てもらう。また報告するね」とのことだった。…

本当の恋愛って何でしょう

最後に恋をしたのはいつだろう、と自分の記憶を探るくらい数える程度でしか恋愛はしてきませんでした。仲の良い友人は知っていることですが、親のこともあり恋愛に良いイメージもなく、遠ざけて生きてきました。趣味もあり、仕事も忙しい。恋愛しなくても充…

映画「彼らが本気で編むときは、」

この映画の製作が決まったとき、キャストが発表されたときからずっと楽しみにしてきました。公開日に観るつもりが仕事の目処がつかず、今日になってしまったのが悔しいですが感想を。 全体を通して感じのはこれは彼らの「日常」ということです。リンコさんと…

舞台「ノラガミ−神と絆−」

前作に引き続き観劇させて頂きました。今回は恐らくアニメ2期後のお話、ということであっているでしょうか。ノラステは脚本がオリジナルとあって、キャラクターの新たな面、描かれることのなかった日々を観ることができます。 前回も大変良かったのですが、…

会いたいと思った瞬間どうしますか?

会いたい人がいるなら、会えるチャンスがあるなら全力で乗っかってほしいとわたしは思います。わたしがそう強く感じ、友人にも言うようになったのは雨宮まみさんの死があったからでした。 まみさんのことは昨年春先くらいにとある雑誌のWEB連載で知りました…

映画「ラ・ラ・ランド」※ネタバレ含みます

昨年劇場で予告を初めて観た時、それこそ「恋に落ちた」作品でした。ラ・ラ・ランド遂に公開しましたね! Twitterにも書きましたが夢を追う人々の苦悩や挫折、喜び、強い思いや情熱が詰まっていました。わたしも夢追い人の1人なので共感してしまうシーンや一…

誰でもない自分に目を向けられていますか?

少し昔話をしたいと思います。つい1年半前までのわたしは自分と他者を比べて生きているのが殆どでした。「あの人の方が」と比べて、他人にばかり目を向けて。自分に目を向けたとしても溢れる言葉は良いものではありませんでした。そうやって自分を否定して生…

「構成された」もの

【人は変わる。己が今いる環境、得た知識、感じた思い。私たちは「構成された」もの。それが変化すれば自ずと変わる】 夜中にぱっと思って呟いた言葉を今一度見つめ、考えてみたら誰でもない自分のことを言っていた言葉でした。「私たちは」というより「わた…

映画「たかが世界の終わり」

家族は他人の寄せ集め、そう教えてくれた人がいました。結局は他人なのだから気にすることなんてないと18歳のわたしに教えてくれたあの人は今何をしているのでしょう。 家族だからこそ分かり合えないことなんて山程あります。家族だからこそ思いを打ち明けら…

MAMORU MIYANO LIVE in TAIWAN〜REMIXING!〜 LIVE VIEWING

昨日、宮野真守さん初の海外公演にライブビューイングを通して参加してきました。 彼は上京して19歳のときに知った方です。歌が非常に上手く、ダンスもキレがあり完成度の高いパフォーマンスを提供する一方、とてもコミカルな方という印象を持っていました。…

拝啓、雨宮まみ様

まみさんの訃報を聞いてもう少しで3ヶ月が経とうとしています。今日の東京は雪だか雨だかよく分からないお天気です。わたしはヴェローチェでコーヒーを飲みながらこれを書いています。入店したのは2時間前なのでわたしのコーヒーは冷め切っていて、それはそ…