読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ラ・ラ・ランド」

昨年劇場で予告を初めて観た時、それこそ「恋に落ちた」作品だった。ラ・ラ・ランド遂に公開。

 

Twitterにも書いたが、夢を追う人々の苦悩や挫折、喜び、強い思いや情熱が詰まっていた。わたしも夢追い人の1人なので共感してしまうシーンや一度はそう思ったことがある、そんなシーンもあった。少し記録したいと思う。

 

セブが自分の弾きたい、好きなジャズのスタイルではなく、バンド加入により新たな形のジャズを発信していく。ミアがそんな彼に対して「貴方は大人になった」と言った。この台詞は何とも言えない気持ちになった。自分の理想を、スタイルを貫くのは安易ではない。夢を捨てた訳ではないが、シフトチェンジしたとも取れるバンド加入。セブにも色々な葛藤があっただろう。それを思うとミアの発言に何故かわたしもぐさりとやられてしまった。

今度は代わってセブからミアへの言葉だ。「諦める理由は?」たくさん傷付いた、もう2度と傷付きたくない。彼女の思いも痛い程分かる。夢を追うことは苦しい。良いことばかりじゃない、むしろ苦しいことの連続で一喜一憂してしまうし、自分に自信をなくしてしまうこともある。そんな彼女の思いを聞いてもセブは諦めさせようとはしない。「絶対に受けるべきだ」と言い翌日迎えにきてオーディションに付き添ってくれる。セブが来てくれなければ、こんなにも強く言ってくれなければミアはきっと行かなかっただろう。そう思うとちょっぴり羨ましくなった。

 

夢って何歳まで追っても良いものなのだろうか。諦めの線引きは一体どこなのだろうか。わたしはいつまでこの夢を諦めずに追ってもいいのだろう、そんな気持ちになった。例えば10代に描いていた夢と、社会人になって新たに描いた夢。環境も己の価値観もガラリと変わり、夢に夢を見ているあの頃とは違う自分。そこについてくるものは不安や、周囲への思い(親を安心させたい気持ちはあるけどetc)など、決して明るいものだけではないはずだ。だからこそ揺らぐのだろう。

 

「夢」を追う2人は徐々に「夢」によってすれ違って行く。

 

上記に書いたオーディションにミアは無事合格し稽古3ヶ月、撮影4ヶ月というスケジュールでパリに行くことになった。オーディション直後のシーンで「これからのわたしたち」について話すシーンがある。そこでセブは自分はこの街にずっといる、そう宣言した。そしてミアの背中を再度押してくれたのだ。チャンスがあるなら、夢に近付けるなら。叶えたいという彼女の思いや情熱を隣で見て、時には感じてきたセブだからこそ言えた言葉なのだと思う。「そのために頑張ってきたんだろう?」そんな思いも彼の言葉に含まれていたのではないだろうか。互いにずっと愛していると言い、舞台は5年後へ。

 

5年後、ミアは女優として成功した。そしてセブも自分の店を持つことができた。

 

ここからだった。ミアには夫と子ども、彼女自身の家族が出来ていたのだ。心の中で「嘘でしょ?!」と思ってしまった。もしかしてこれは、とラストの予想をしてしまったのだが、案の定で当たってしまった。

 

子どもをシッターに任せ、夫と出掛けるミア。渋滞に引っかかり食事に行くことにした2人は高速を下りる。食事の後、車に乗ろうとしたとき1軒のお店から聴こえてくるジャズ。2人でそのお店に入ることに。そこで見たのはミアが考えたセブのお店の看板、そのものだった。前方の席に座る夫婦。演奏後、メンバー紹介をするセブ。そして2人の目が合った。言葉はない。なんと言えばいいものなのか、動揺があらわれていたように感じた。ここから演奏はセブに移る。ここから一緒になることを選んだ、もう1つの2人の物語が流れた。非常にテンポ良く、ロマンチックかつ幻想的。幸せそのものが溢れ出るものだった。

 

わたしはセブがピアノに触れた瞬間から涙が止まらなかった。もう1つの2人の物語は美しく、そしてきっと一度はお互い描いた「夢」なのではないか、そう思ったからだ。しかし2人はそれぞれの「夢」を選択し、月日を重ねてきた。共にいることを選べば叶うことのなかった夢。共にいることが出来たら現実となったであろうもう1つの物語であり2人の「夢」そう思いながらこのシーンは観た。2人は言葉を交わすことなく映画は終わってしまう。エンドロールで更に涙は溢れ、劇場が明るくなっても止まらなかった。友人と交わす言葉も少なかった。2人とも自分の内側からくる感情に素直に従い涙を流していた。

 

予想以上の作品だった。ミュージカル作品だけれども、歌ばかりではなくドラマもきちんとあり、そのバランスが非常に上手く取れていたと思う。「大事な人と見てほしい」と何処かに書いてあったが、わたしもそう思う。それは恋人、家族、友人。共に夢を追う仲間でも構わない。是非とも劇場の大きなスクリーンで観てほしい。普段はパンフレットは購入しないが、劇場を出て真っ直ぐ売店に向かった。何度も観たくなる作品。わたしにも夢がある。そんなわたしの背中を押してくれた作品でもある。初日に観ることができ本当に嬉しく思う。また劇場に、ラ・ラ・ランドの世界にお邪魔したいと思った。

f:id:trsfthplstr:20170224212908j:image 

映画「たかが世界の終わり」

家族は他人の寄せ集め、そう教えてくれた人がいた。結局は他人なのだから気にすることなんてないと18歳のわたしに教えてくれたあの人は今何をしているのだろう。

 

 

家族だからこそ分かり合えないことなんて山程ある。家族だからこそ思いを打ち明けられないこと、目を背けたいこと、関わりたくないこと。分かり合えないからこそ火がついてしまうことも同じくらいあるのだと思う。ぶつかって、理解できることできないことが出てきて苦しんで。もう伝えることをやめようと思っていても避けられないシーンはやってくる。家族とは一体何なのか、どういうものなのか分からない、そんな思いが出てくることもあるだろう。でも正解はない、きっと。この作品を観てわたしはそう感じた。 

 

観ながら愛についても考えた。

(ルイの家族はぶつかっていても心の奥底にはそれぞれに対する愛があるなと感じたから)

愛には様々な形態がある。なぜ様々な形態が存在するのか。それは生きていくことと共に形成されるからだと思う。バックグラウンドにもよるだろうし、今まで生きてきた時間の長さや濃度、築いてきた関係性にもよるだろう。角のない丸い愛、尖っている愛、触れれば消えてしまうものもあるかもしれない。生きていく中でそれは何度となくカタチを変えるだろう。それぞれが、それぞれの愛のカタチを持って生きている。でもそれは必ずしも他人から理解してもらえるもの、受け入れてもらえるものとは限らない。だからこそぶつかるし、理解し合えないのではないだろうか。

 

 

「愛があっても生きるのは苦しいし、結局は何が私たちを救うのか」

 

 

そんなことも感じた映画だった。

感想や思いを伝えるのがこんなにも難しいと感じた作品は久しぶりで上手く言葉にすることが出来なかったが、それは観れば分かるとだけ言っておこう。

 

f:id:trsfthplstr:20170216153406j:plain

MAMORU MIYANO LIVE in TAIWAN〜REMIXING!〜 LIVE VIEWING

昨日、宮野真守さん初の海外公演にライブビューイングを通して参加してきました。

彼は上京して19歳のときに知った方です。歌が非常に上手く、ダンスもキレがあり完成度の高いパフォーマンスを提供する一方、とてもコミカルな方という印象を持っていました。
彼の情報を追っているわけでも、出演作品を全て見ているわけでも、ライブに参加したことがあるわけでもないわたしですが、今回のライブビューに参加して感じことを残したいと思い書くことにしました。
ファンとはまだ言えないわたしが書いたものなので、その点を念頭に置いて読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

登場した瞬間の熱量、そして圧倒的存在感。
溢れんばかりのその熱量に思わず涙が出てしまいました。

 

海外での初公演になった土地は台湾。
ライブビューイングに映るファンの中には男性も多く、また年代も様々で国境、人種、性、年代全てを超える人々を魅了していることが分かります。

 

彼のあのエネルギーは一体どこから来るものなのか。過去のライブの映像を見て感じていたことを今日も感じました。

 

わたしが持っている円盤は「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2012-13 〜BIGINING!〜」
これを購入したとき「さあ買いに行くぞ!」という意気込みはなく、そのときふと思った「エンターテイナーの作品がみたい」という気持ちからでした。それは映画でもミュージカルでもなんでも良かったのですが、そのとき真っ先に浮かんだのが彼、宮野真守さんの存在でした。そのとき既にエンターテイナーといえば宮野さんという方程式が出来ていたのかと思います。円盤を観て、彼こそがエンターテイナーというわたしの思いはどんどん強くなっていきました。誰よりも彼自身がその瞬間を楽しんでいて、客席も負けないくらい楽しんでいたのです。そこに存在する熱量をもし自分が生で感じたらどうなってしまうのか思わず想像してしまいました。計り知れない熱量が画面を通して伝わってくるなんてそうそうあるものではないと思います。少なくともわたしの世界においてはありません。
多忙であろう彼があんなにも完成度の高いパフォーマンスを魅せることができるその原動力は何か。それが知りたくてライブビューイングに参加しました。

 

時間が進む毎にその理由が分かりました。
その原動力は誰でもない彼を応援する全てのファンにあったのです。
誰でもないファンの為にあの熱量は生み出され、誰でもないファンの為の時間を彼が作り上げている。それはプロとして当たり前のことかもしれません。でもわたしが感じたのはプロとして、というよりも「宮野真守」という1人の人間としての思いでした。
あの瞬間のファンの笑顔は彼にしか作り出せないもの、彼にしか出来ないこと。そして彼もそれをきちんと分かっていて、だからこそのあのパフォーマンスなのだと思います。そして彼のパフォーマンスにはファンへの感謝の気持ちや、貰ったパワーやエネルギーを返していこうという気持ちが表れていました。目に見えて分かるくらいその気持ちが溢れていました。そして同じくらい彼は口にするのです。「ありがとう」と何度も感謝の気持ちを述べ「台湾に来れて嬉しいよ!」と素直に己の思いを伝え、「心を込めて歌います」とその言葉にも思いを込めて、心を込めて。

 

生きていれば辛いことも投げ出したいこともいっぱいあります。わたしの尊敬する大好きなライターの方も言っていましたが、生きるということだけでも物凄いパワーを使うのです。お金を稼がなければ生活は出来ないし、ご飯を食べなければ空腹で仕事も手に付かない。睡眠を取らなければ活動することも出来ず、お風呂に入らなければ清潔感がないと見なされる。単純に生活するだけでもこんなにも大変なのに、その上学校や仕事があって、その中で人間関係を築かなければならない。これは必須で避けて通ることはできないし、必ずしもそれが良好なものとは限らないのです。

 

でも彼のファンにとって、彼との時間はそういうものを全て忘れて、取っ払って、軽くして、もしかしたらなくしてくれる、そういうものなのかもしれません。誰かにとって、そういう存在は彼しかいないのかもしれません。心に抱えているものをエネルギーに変えられるのはあの空間だけなのかもしれない。
そしてそれは彼にとっても同じなのでしょう。ファンがいるから彼はこんなにもパワフルにエネルギッシュにステージに立てるのだと思います。わたしが今まで行ったライブの中でこんなにもステージに立つ側がファンのみんなが大好きだよと何度も何度も感じることが出来たのは初めてでした。ファンが彼を好きだという気持ち以上に、ファンのみんながこんなにも大好きで、大事な存在なんだという彼の気持ちがライブビューイングのスクリーンからも感じられたのです。
今回のライブビューイングで彼と彼のファンの関係性の強さと大きな愛を感じることができました。

 

本編終盤で後ろのスクリーンに練習風景から台湾出発、台湾着、そしてそれを迎える現地ファンの様子や、移動する中での道のり、物販の様子を映した映像が流れていました。ギリギリまで作り込まれたこの空間は愛としか言えないのではないでしょうか。宮野さん本人、ファン、そしてスタッフ、誰1人として欠けてはいけない存在がここにはあって、終演後には彼だけではない、全員で作り上げた空間と愛なのだと知ったのです。

 

宮野さんは唯一無二の存在です。わたしの世界の中で、25年の人生の中で唯一無二と言える人物は彼以外にはいません。もしかしたらこれから先も彼だけなのかもしれない、そう思いました。

 

あの空間、感覚的に捉えたのは「色」でした。温度よりも色が見えるような世界。それはまさに虹のようにカラフルに、鮮やかにそこにあったのです。「様々な宮野真守を魅せたい(みせたいは敢えてこの漢字を使わせて貰った)」そう言ったように様々な色が溢れていた2時間半だったように思えました。

 

彼のパフォーマンスを見て、自分自信に関してまた改めて感じたことがあります。25歳になったとき掲げた目標をクリアするべく今自分ができることは何かということ。また吹っ切れた思いもありました。


今日参加できて本当に良かったです。宮野さんの世界に、彼を支えるスタッフ、そして彼を応援するファンの中に2時間半加わることが出来、非常に嬉しく思います。

受け取ったエネルギーと思いを次なるステージへ。そしてまた、誰かに受け渡し繋いでいきたいと思いました。 

 

拝啓、雨宮まみ様

まみさんの訃報を聞いてもう少しで3ヶ月が経とうとしています。今日の東京は雪だか雨だかよく分からないお天気です。わたしはヴェローチェでコーヒーを飲みながらこれを書いています。入店したのは2時間前なのでわたしのコーヒーは冷め切っていて、それはそれで何だか良いなと思っています。

 

先程ふと、心の奥底にしまっていることを人に話してしまいたいと思いました。でも話したからって好転するわけでもないし、わたしはどうしたいのか分からなくなりました。家族になんて言えるわけがない。わたしにとっては一番言えない関係性の人たちだからです。かといって友達に話すと絶対に重くなるし、どこまで話していいか分からなくなります。お世話になったお母さんのような人に話せるかと言われれば話せない。こうやって誰にも話せないで終わることが自分の奥底にあって、それが1つじゃないから困ったものです。

 

人に何か求めている自分が嫌になる瞬間でした。自分との向き合い方、人との向き合い方にまた悩み始め、さっきからそのことで頭がいっぱいです。

 

こういうのを話せる人って一体誰なんでしょう。

 

そんな気持ちで手帳に書いたまみさんの言葉を読んで思ったのはまみさん以外にいない、ということでした。まみさんだったらなんて言葉を返してくれるのだろう。お会いしたこともないまみさんに聞いて欲しいだなんておこがましいなとも思うのですが、まみさん以外にいないのです。でももう、貴女はいません。雨宮まみという人を失ったわたしたちはどう生きていけばいいのでしょうか。この厳しい時代、強く生きなければと頭では分かっていても、強くあり続けるというのは肉体的にも精神的にも非常にくるものがあります。

 

本を開けばまみさんの言葉があって、その言葉は生き続けています。有難いことです。この先何度となく来る困難に立ち向かうとき、どうしようもなく沈んでしまった日の夜わたしはまみさんの言葉を何度も何度も読むのでしょう。その度貴女の存在の大きさを強く感じるのでしょう。

 

まみさんの文は不思議とまるで自分に語りかけてくれるようなものがあります。だからきっと、わたしはまみさんのことを好きになったのだと思います。そこには温度や色があって、わたしから見た読んだまみさんの言葉は柔らかいオレンジであたたかいものなのです。じんわりとこのどうしようもない気持ちをあたためて溶かしてくれるもの。人生という時の中で貴女の存在を知れたこと、文を読めたこと、言葉を受け取ることができたこと全て幸福に思います。

 

今もやっぱり悲しいし泣きたくなるときもありますが、でもまみさんはやっぱりわたしの中では生きているのできっと大丈夫です。
これからも貴女の言葉とともにわたしは生きるでしょう。

 

ふと、でもどうしても書きたくなったので思うがままに書きました。これからも雨宮まみさんが大好きです。

 

広告を非表示にする